タグライン

本サイトは、越谷市観光協会公式ポータルサイトです。

花田苑/こしがや能楽堂

600有余年の歳月に磨かれた舞台芸術「能」。この日本を代表する伝統芸能を活かして、特色ある市民文化を創造するとともに個性豊かな文化のまちづくりを進めようと、平成2年度から「こしがや能楽まちづくり推進事業」が進められています。

ikoi-3-6.gif

この事業は平成2年度から4年度まで文化庁の「地域文化振興特別推進事業」の指定を受けて行われ、さらに市独自で続けられています。「薪能」をはじめ、平成5年度から「紅葉能」、「春の能」の公 演を行い、これらと平行して市民自らが謡い舞い、鼓を打つ市民演能の実現をめざす市民能楽養成事業などが実施されています。

ikoi-3-1ikoi-3-3-150x150

また、こうした活動の拠点として、平成5年5月、花田苑のとなりに「日本文化伝承の館 こしがや能楽堂」が開館しました。本格的な能舞台のほか、大広間や茶室、中庭見所、練習室、展示ホールなどがあり、能楽はもとより伝統芸術文化活動や地域のコミュニティの場として活用されています。

花田苑

ikoi-3-2.gif
本格的な廻遊式池泉の日本庭園 。平成3年10月1日、越谷市が花田土地区画整理事業地区に整備を進めて完成したのが「花田苑」です。2.1haの広さがあり、入口は江戸時代に名主を務めた宇田家長屋門(復元)があり、園内は日本文化の伝統を備えた重みのある庭園で、美しい池を中心に特色ある木橋、数奇屋造りの茶室、園内を一望できる築山、趣きある石灯籠や風情ある日本庭園です、さらに園内には約14,000本の樹木が植えられていて四季折々花や紅葉が楽しめます。

中心に位置する池は約4,000平方m、周囲には170mのせせらぎもあり見る楽しさだけでなく、耳にも快い響をもたらしてくれます。

開園時間 4月〜9月:午前9時〜午後5時、土日祝日は午後7時まで(茶室を除く) 10月〜3月:午前9時〜午後4時まで(入園は閉園の1時間前まで)
入園料 100円(小学生に達しない子供は無料。ただし成人の同伴が必要)
休園日 年末年始、その他管理上必要に応じて臨時休園

こしがや能楽堂

ikoi-3-4
日本の伝統芸能の振興と市民文化活動の拠点施設。平成5年5月にオープン。「花田苑」の北側に隣接し、日本の伝統芸能の振興としての役割だけでなく、市民のコミニティ施設としても親しまれている。毎年8月には”こしがや薪能”が開かれる。館内へ入ると、本格的な木造建築の素晴らしさが堪能できる、落ち着いた中にピーンと張り詰めた雰囲気が漂う。

開館時間 午前9時〜午後9時30分
休館日 水曜日、年末年始
駐車場 有・100台以上
駐輪場
休憩場所 園内に四阿、藤棚。ベンチ多数
案内人
問合せ 048-962-6999
事前連絡 必要に応じて休園のこともあり、確認をして下さい。
トイレ
パンフレット

花田苑 住所:越谷市花田6-6-1 電話:048-962-6999
能楽堂 住所:越谷市花田6-6-1 電話:048-964-8700
アクセス:新越谷駅、南越谷駅よりバス 花田苑入口より徒歩1分